京都の豆腐

今年の春先、京都の姉小路通りを歩いているともの凄く古めかしい豆腐屋を見つけた。この一流料亭が立ち並ぶ一角に店を構えているという事は相当美味いに違いない!と思った筆者は早速××豆腐店の店内に入ると「木綿豆腐240円、油揚げ240円」とかなり高めの値段が紙に書かれていた。

豆腐好きな筆者はたちまち木綿二丁を持ち帰り、マンスリーマンションで料理を作っていた女房を追い払うや豆腐に包丁を入れ、富山で買ってきた銘酒「勝駒」に合わせる肴を作り始めたのだが、さてこの豆腐を一口ふくんでみたところ・・・全然旨くないのだ。これだったらちょっと高めのスーパーの豆腐の方がよっぽどマシである。

筆者が子供の頃に近所に美味い豆腐屋があって、また物ぐさな母親にとって豆腐は最も手がかからぬ食材の一つだから、我が家の食卓にはほぼ毎日何らかの豆腐料理が並んでいたのである。毎日豆腐かよ・・と呆れるなかれ。本当に美味い豆腐は新潟産の上等米と同じでいくら食っても飽きないものなのだ。

大事の風味と甘みが口いっぱいに広がる時の快感たるやもう・・。しかしこの美味い豆腐も筆者が高校生の頃にできた大型スーパーの価格攻勢にさらされて店を閉じてしまい、以降筆者は美味い豆腐を日常的に食う事は叶わぬようになってしまったのだが、それから十年以上たって思わぬところであの懐かしい豆腐に再会したのだ。

香港である。それまで筆者は食材はすべてジャスコやそごうなど日系スーパーで買っていたのだが、当時付き合い始めたばかりの女房が「あんた、街市(ガイシー)の方が美味しくて安いものが揃ってるわよ!」というので黙って従う事にしたのだ。街市とはアジア各地で見られる零細商店が集まった露店集合体のことだ。





で、女房が買ってきたのは出来損ないのオニギリみたいな姿をした豆腐であった。香港では四角い枠に入れて固めるという発想がないため全ての豆腐は違う姿かたちをしているのだが、その食欲を全然そそらない外見とは裏腹に味の方は「これだ!」と叫びたくなるほど美味かったのだ。

たしかに街市の一角に店を構える豆腐屋はみんな個人商店である。毎日万単位の人間が街市を行きかうとは言えケチだけと舌が肥えている香港人は不味いものにはビタ一文払う気などない。だから街市の豆腐屋は大量生産品で割安なスーパーとは差別化した昔ながらの豆腐作りにこだわらないと生き残っていけないのだ。

ただそれもフィリピンに行けばお終いだから筆者はここ数年まともな豆腐を食ってない・・。それで京都で見つけた古びた豆腐屋に期待したものの、これがとんだハズレだった訳だが、さて木屋町通にある居酒屋でマスターと豆腐の話をしたら「えっ?あの××豆腐店は美味いんで評判ですけど?」と驚かれてしまったのだ。

その時筆者の脳裏には日本の東西で豆腐の味は微妙に違うとか、ニガリが違うのではないか?といった疑念が過ったが、しかしカチンときたのはこのマスターが「お客さんは何処のご出身ですか?」と聞いてきたので「東京だけど」と答えたら・・、一瞬このオヤジの顔に「東京のお方は京都のお味は判らんようどすなぁ・・」という嘲笑が垣間見えたのである。

この関西の田舎もんがあ!!と叫びたかったが、しかしこの店は昼から飲めるほぼ唯一の店だからケンカしたくない。それで実はその懐かしい豆腐に成人してから再会してね・・と話を続けたのだが、それは何処ですか?とのマスターの質問に「香港ですよ」と答えたらマスターの顔にさっきよりもちょっと長い嘲笑が浮かんだ・・。もう二度と京都で豆腐の話かんかするもんか。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

福岡に目を付けた香港娘

少し前の日記で香港人たちは自分たちの将来をかな~り悲観的に見ており、97年の香港返還前と同じように海外移住を模索しつつある!と書いたが、そこで登場したかつての同僚キャンディーがマンション購入のため福岡に来ていると連絡が入った。

つい2~3か月前まで「不動産を買えば日本の永住権が取れるのか?」なんて質問を寄こしてたから移住を検討しているようだとは思ってたけれど、こんなに早く、しかもあれだけ絶賛していた大阪ならまだしも、なんで福岡なんか選んだのか?と驚いてしまったのである。

しかし十代の小娘の時から「開かないガマグチ」と噂されるほどドケチだったキャンディーゆえ、今までため込んだ小銭が膨れ上がっているに違いない。それで日本のマンションは値上がりが期待できる!なんて新聞記事を見つけてからは毎日電卓片手にじっくり読んだに違いない。

頭の中は芸能人のゴシップとデザート類しか入ってなさそうなキャンディーだが、実は数字にはかなり強いのである。それで都市別値上がり予想で一番高い利回りが得られそうな福岡のマンション購入に踏み切ったのだ!と思っていたのだが、一応聞いてみたところ・・なんと住む気だったのだ。

住むってお前・・仕事はどうするんだ?と聞いたら、それは当てがあるのだ!と言うだけである。それに一体ビザはどうなるのか?それと小学生の息子の教育は?と畳みかけたが、こやつは昔から抜け目がない女だったから筆者が心配するような諸条件はすべてクリアしているはずだ。





そして肝心の福岡を選んだ理由も「だってちょうど良いサイズだから」と返事が来た。東京や大阪は大きすぎるが(あくまでキャンディーの視点で)「福岡はその半分くらいの都市」で、しかも香港と同じように30分も電車に乗れば海あり山ありなのが気に入った。だから福岡にしたのよ!と書いてきたのだ。

へえ、そうかねえ・・といぶかる筆者。というのは一昨年筆者は福岡に1週間ほど遊びに行ったけど正直そんなに良い印象を持たなかったからである。それに東京出身の筆者にとって住めるのはせいぜい都市圏人口870万人の名古屋までで、その半分以下の福岡と札幌はちょっとねえ・・なのだ。

しかし十代半ばで香港に来て半分香港人になってしまった女房に聞いたら「彼女は目の付け所が良い」と言い出した。女房にとっても東京はあまりに広すぎて不便であり、自分が住むなら地下鉄や私鉄が発達した大阪圏がベストだが、福岡は狭いわりに色んなものが揃ってるから穴場だと思っていたと言うのだ。

へえ、そんなもんかね・・と筆者はいまいちピンとこないが、しかし何事も抜け目のないキャンディーが間違えることは絶対にありえない。香港人が好きな80平米3LDKくらいのマンションが東京、大阪、福岡でどう値段が変わるのかは知らないが、香港じゃ同じサイズで築30年の物件が1億円を超えるから、香港人にはビックリするほど値打ちのモノに映るのだろう。つまり・・という事は・・。

キャンディー程度の小ゼニ持ちなら香港に100万人くらいいるのだ。この連中が人口250万人の都市圏に続々と移住し始めたら・・。まあ日本有数の美食の街に世界有数の美食の都市住民が混ざり合うんだからメシだけは美味くなりそうである。ただその頃には日本の国境は玄海灘から関門海峡に移動してそうだけどね。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

ワイドショーの偏向反日人士

チャンネル桜の討論番組である経済評論家が「キー局ワイドショーの7割はある下請け制作会社が作っていて、ここが偏向報道の牙城になっている!」と発言していた。今や日本のテレビ局は下請けに丸投げするようになったので、中韓両国と国内左翼はそこに的を絞って丸め込むようになったらしい。

泉放送制作株式会社、それが下請けの名前で、ホームページを見ると「あさチャン」「ひるおび」「直撃ライブグッデイ」「羽鳥慎一モーニングショー」など海外にいる筆者でも聞いたことがある番組名がずらりと並んでいる。どうも出資や資金援助、賄賂を受ける代わりにこいつらの意見に沿った番組作りをしている疑いが濃厚だというのだ。

反日勢力のメディア工作と言うと番組の内容に口出しをする、さらにCM提供企業を脅しあげて番組内容にクレームを入れさせる、パチンコなど半島系企業をスポンサーにして中韓両国に不都合なニュースを報道させない、と言った話は聞いていたが、まさか日本のワイドショーを作っているのが実質一社、それも従業員170人の零細企業とは思いもしなかった。

悔しいが誠に慧眼である。昔からあの連中は相手の弱みを見つけ出すことに長けていて、有史以来日本はそれに苦しめられてきたわけだが、まさかテレビ局の方もここまでボンクラだとは思わないから、70年安保闘争の燃えカス世代が在京キー局から消えれば少しは良くなると思っていたのだが・・どうも甘かったようだ。





しかしである。上に書いたような事があるから「なるほど!だからワイドショーは北朝鮮のミサイルと関係ない事ばかり報じているんだ!」とは誰もが100%納得できないのではないだろうか。だって親会社がフランス企業になろうが、ロシアから資材を購入しようがオレたちゃあ昔ながらのやり方を通すんだ!というのが日本人の性質である。

だから経済評論家の説明では不十分であり、それにチャンネル桜の水島社長は長年テレビ業界にいたのだし、他の論客たちも相当の手練れだから偏向報道化した本当の原因は何なのか?をとっくに知っているはずなのだが、しかし・・おそらく言えないのである。チャンネル桜でも、いやだからこそそうなのかもしれない。だから本日の日記で筆者がその答えを書くことにしたのだ。

『どちらかというと硬い番組のテレビ司会者として活躍中のSさんは、Nさんという女性歌手と障害をのりこえて結婚した人である。Nさんは現在は歌手をやめて、テレビに出ることはほとんどない』。これは本田豊という歴史ルポライターの本の一節である。このSは誰もが知っている超有名人だが、ここは我慢してもう一節読んでいただきたい。

『Sさんの父親はNさんが○○出身であることを理由に大反対した。だがSさんは、『今はそのようなことは問題ではない』と宣言して、周囲の反対をおしきって結婚した。最近はテレビに出る機会もほとんどないSさんの父親は、一九七〇年ころまでは、よく主役をつとめるなど、テレビで活躍していた人である』。(続く) 






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

聡明なフィリピン人たちの正論

北朝鮮のミサイル発射問題がここ最近フィリピンでもかなり報道されるようになった。これは「北朝鮮に重大な懸念」声明を出したASEANサミットが8月にマニラで開催されていた事や、デュテルテ大統領が「金正恩=バカ」発言をしたこともあるけれど、何より大きいのはグアム島へのミサイル撃ち込み予告であろう。

北アジア域内で撃ってるだけなら対岸の火事だが、グアム島はフィリピンの目と鼻の先である。こりゃ間違ってこっちに飛んでくるかもしれんぞ・・という恐れとともに、アメリカのトランプ大統領の「炎と怒り」発言で「本当に戦争が始まるのではないか」と言う恐怖感がフィリピン人の間にじわじわと広がっているのだ。

で、こういう話題になるとお呼びがかかるのが筆者なのである。なぜなら女房の従兄弟や近所の呑み仲間たちからは「あの日本人は国際政治に詳しい」と認識されていて(あくまでフィリピン人たちに比べての話だが)、それに毎日ヒマしてるから「この件は一体どういうことなのかしら?」というシーンで格好の臨時解説員になるのだ。





それで我が家に集まった従兄妹相手に北朝鮮のミサイル開発状況と周辺国の外交軍事スタンスなんか説明したのだが、案の定「だったら中国が北朝鮮に先制攻撃すればいいじゃないか!」「北朝鮮の国内民主勢力にクーデターをけしかければいいじゃない!」なんて話を聞いていたのかどうかも怪しげな意見が出てしまう。

まあ日本のオバちゃんに中東情勢を説明すれば同じような反応をするから、フィリピン人を小馬鹿にすべきでないのだろうが、しかし北朝鮮と周辺諸国を紙に図解化して書いても彼らの理解スピードはあまりに遅く(平均偏差値38くらいの高校の授業と思っていただくと良い)毎分一人くらいのペースで脱落していくのだ。

そして思った通り最後まで残ったのは聡明な従姉妹アニーとミレットの二人だったのだが、本格戦闘が始まれば1日以内に北朝鮮は無力化されるが、通常火力兵器によるソウル砲撃は100%避けることが出来ない!との結論に達した時に「あたし韓国人嫌いなのよね」という間の抜けた声が脱落組から飛び出たのだ。





愚鈍さでは一族トップを争う地位にいる従姉妹ローズアンである。こいつは一体どこで韓国人と接点があるのか判らないが、なんとも嫌そうな表情をしながら「I hate Korean(この場合は韓国人の意味)」と何度か言ったのだ。そうしたら・・・、さっきまで煙に包まれたような表情で黙って筆者の顔を見ていただけの脱落組が急に頷き始めるではないか。

「頭の狂った独裁者の息の根を止めるためには犠牲は必要だよ」「フィリピンにミサイル撃ち込まれない様にするためにソウルが火の海になるのなら結構な事じゃないか」などと発言する脱落組。さっきまで頭の血の回り具合の悪さを披露していたのに、なんで急に聡明になっちゃったわけ・・。

そして最後に残ったアニーとミレットからも「大砲の射程距離内に住んでるソウル市民がバカなんだ」というダメ押しが出て、よって全会一致でソウル市民1000万人は全員死ねば良い!と相成ったわけである。いや~君たちの事を今までさんざん馬鹿にしてたけど、結論だけはちゃんと正しい所に着地してくれるわけね。見直しましたよ。






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

政党党首になったアヘン商人の孫たち

民主党元代表の蓮舫について「祖父母がなんか怪しい」「アヘン商売に絡んでいたんじゃないか」などとバッシングが繰り返されているが、この意見が左翼ならともかく右翼から、しかも「こういう犯罪者の孫を野党第一党の党首にするとは何事だ!」といった書き込みが多数あるのを見た筆者は呆れてしまった。

この阿呆はアヘンは今と違って当時それほど害悪とは思われておらず、さらに日本がアヘンによって戦費を調達していたことを知らないんじゃないか?と思えたのだ。この書き込みがクラブやオシャレに夢中なアーパー姉ちゃんのものなら仕方がないが、右翼用語を駆使している人間なら知っていて当たり前の話だからだ。

ちなみに筆者は核武装推進論者であり、一刻も早く朝鮮半島で戦争が始まってお互いに殺し合いが始まり、難民が来たら一人残らず玄海灘上で射殺しろ!という考えの持ち主だからネット右翼君たちとは誤差5度くらいのブレなのだけれど、日本の近現代史は表も裏もちゃんと踏まえておくべき!との考えだからだ(中韓両国が声高に叫ぶウソ歴史は除く)





まず清朝が禁止令を出したように「アヘンは危険物である!」との認識は当時あるにはあったが、それはあくまでも建前であり、時代は下って中華民国になっても上海に本拠を置くユダヤ系サッスーン財閥やジャーディン、スワイアらイギリス系商社はインドから輸入したアヘンで莫大な財を築いていたし、香港上海銀行(HSBC)も元はアヘンの決済用に発足したくらい中国大陸ではアヘンは必需品になっていたのだ。

現在なら客人が来ればワインやコニャックを出すけれど、当時はまずは寝台に案内してアヘンをくべた吸引パイプに火をともし、やがて微睡みに沈んでいくのが中国紳士の嗜みだったのである。それから当時の中国大陸では各軍閥が勝手に貨幣を発行したためインフレが酷かったから、アヘンは金と並ぶ汎用通貨の役割もあったのだ。

ところが日本がイギリス勢力を徐々に追い出していくにつれアヘンの供給が目に見えて減少してしまい、このままだと中国人の不満が爆発しかねない!と闇社会の顔役たちから進言を受けた日本軍は華北熱河省産と三井物産を通じて入手したイラン産のアヘンを供給することにしたのだ。





ただ日本も膨らむ軍費と治安維持費をどうすんべ?という懐事情を抱えていたから、だったらオレたちがアヘンの元締めになって稼ごうじゃないか!と決断したのだ。で、そこに登場したのが大陸浪人の里見甫(さとみ・はじめ)で、里見と盛文頤や杜月笙といった暗黒街の顔役らで共同設立したアヘン流通シンジケートが宏済善堂である。

生産や大規模輸入など風上にいたのが日本陸軍と興亜院、満州国といった日本の主要官庁で、風下は中国マフィアや腐敗した中国国民党軍将軍らが控えていたのだが、流通の末端に行けば行くほど中国人比率が増えるかと思いきや、「日の丸の旗を掲げた軍隊が進駐すると、アヘン商隊がやってきたと勘違いした地住民が集まってきた」との笑えない目撃談があるように案外と日本人が多かったらしい。

筆者が長年住んでいた香港にも「ワンチャイの日本人街で買うアヘンが一番質が良くて安かった」との言い伝えが残っているし、マカオのギャンブル王とは別に戦後の戦後アジア麻薬業界の黒幕と噂されるスタンレー・ホーは若いころ在住の日本人商人の下でアヘン売買のノウハウを学んだのは香港では良く知られた話である。





まあ商売上手な中国人相手にお人好しの日本人が伍していくにはアヘン小売くらいしかないからだろうが、日本人じゃ入り込めない地域には地方の有力者をシンジケートに加えて親日派に懐柔するとか、イギリス植民地に必ずいるインド人みたいに植民地だった台湾・朝鮮人を連れてくるといった手段を駆使して日本経済圏、親日派ゾーンを拡大していったのだ。

で、蓮舫の祖父母は数千、数万人いたそういう下っ端連中の一人だった。単にそれだけなのである。それが孫の代まで背負わなければならない罪だとは筆者には全く思えないのだけれど、仮に百歩譲って彼らの正義感に同意したとしよう。それでね、シンジケートの末端にいた人間の孫が日本の野党の首になったらいけない!と言うのなら、じゃあもっと上にいた人たちの孫はもっといけないんですよね。

蓮舫を守る気などさらさら無いけど、もしも誰かを攻撃する場合、しかもその前身や親族を使って貶めたいのであれば、まず丹念に調べてから何かを言うべきだ!というのが筆者の考えだ。だからこの右翼と同じことを思っている人に質問したい!大戦時の満州国総務庁次長にしてアヘンシンジケート宏済善堂の真の黒幕だった岸伸介の孫安倍晋三は与党党首どころか首相、いや議員も辞めるべきだよね?違いますか?






にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
にほんブログ村

Author by ほにょ / 全記事一覧 / 次のページ / ページトップ
Designed by マンゴスチンw /