怪しい生霊

2018/07/18 12:20:40 | オカルト系 | コメント:0件

ふだん怖い話を聞きながら眠りに落ちるオカルトマニアの筆者だが、どうしても腑に落ちないタイプの霊がある。生霊である。これ知らない人はいないだろうけど、生霊とは死んだ人間じゃなくて生きてる人間の中に生じた強い憎しみであり、これが本人の意志と関係なく体から飛び出して憎い相手に取り憑き、災いをもたらすというのだ。よく心霊番組なんかでも霊能者が「生霊が一番ヤバい」「死んでる人の霊よりも生きてる方が念が強いか...続きを読む
スポンサーサイト

レプトスピラ症かと思った

2018/07/17 08:47:45 | ニュース | コメント:0件

ここ最近の日記で朝鮮耳が3連発したのは定番の長い日記を書けるような状態でなかったからである。実は10日ほど前から全身に悪寒が走るようになり、どうせ風邪だろうと高をくくってクスリも飲まずにいたら症状が段々と悪化してきたのだ。ふつう筆者の風邪はガ~ンと熱が来るものの1日唸っていれば後はお終いなのだけど、今回は低空飛行がじりじりと続くので変だな‥と思っていたら数日後には墜落状態になってしまい、そこでテレ...続きを読む

意志の無い女、また同じ失敗を・・

2018/07/16 14:45:22 | 親戚付き合い | コメント:1件

女房の妹の娘イナが会社を辞めていた事が判明した。大学で会計学を専攻したイナは3年前からオルティガスにある会計事務所、と言ってもコールセンターみたいに欧米の会計事務所のBPO(委託業務先)に勤めていたのだが、ついに精神的に参ってしまったらしい。ここ10年ほど大学卒フィリピン人の最大の労働受け皿はこのBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)になっていて、女房の従兄妹たちも数人がこの仕事に就いてい...続きを読む

稀代の悪女たちの紋章

2018/07/15 09:40:53 | 事件と陰謀論 | コメント:1件

戦後の女性死刑囚って16人いるんですがそのうち記憶に新しい人物を見ていたら共通点を発見してしまいました。和歌山毒カレーの林真須美に黒い看護婦事件の吉田純子埼玉愛犬家殺人事件の関根博子や周辺の男性を次々手にかけていった木嶋佳苗に鳥取の死神女の上田美由紀と連合赤軍の鬼ババア永田洋子がみんな同じ耳の形をしていたんですね耳たぶが無い極端に小さい、このヘンテコな耳はある特定の人種にだけ非常に多く表れるので、...続きを読む

入院したらまず最初に耳を見よう

2018/07/14 17:26:27 | ニュース | コメント:2件

横浜の大口病院で発生した患者の大量不審死に関して、警察は勤務していた看護婦を逮捕して取り調べを進めていますが多くの方は「生命を守るべきはずの看護婦が人間の生命を奪うなんて信じられない!」と思っておられるのではないでしょうか?しかし典型的な3K職場ゆえ医療現場はどこも慢性的な人材不足状態にありこの「黒い看護婦事件」で死刑執行された吉田純子や筋弛緩剤の守大助みたいな人間が入りこんでしまうのです。で、こ...続きを読む